サイト誤認を防ぐためにGithub Enterpriseのヘッダカラーを変えた

サイト誤認を防ぐためにGithub Enterpriseのヘッダカラーを変えた

ペパボでは、Github Enterpriseを @hsbt を中心に運用し、全職種で利用している。最近ではgithub.comにあるリポジトリはペパボが社外公開しているOSSや個人プロジェクトのOSSを公開する場所としか利用していないのだが、エンジニアの場合、双方を利用するので、デザインが類似していすぎて、誤認するということが度々あった。

そこで、ngx_http_addition_moduleを利用することで、ヘッダカラーをいわゆるペパボブルー(#3e6f99)に変更するようにした。

設定としては超簡単で、nginxのコンフィグにこれを書くだけで動く。

    location / {
      proxy_pass https://origin;
      add_after_body  /change_header;
    }

    location /change_header {
      return 200 '<style type="text/css">
        body .Header {background-color: #3e6f99;}
        body .Header .header-search-scope {border-right-color: #3e6f99;}
        body .notification-indicator .mail-status {border: 2px solid #3e6f99;}
      </style>';
    }

こんな感じで青みがかったヘッダーになるので、だいぶ見分けがつくようになった。

ヘッダ

ある程度の規模の会社でGHEを利用するケースは今後も増えてくると思うので、簡単にできる対策としていかがだろうか。

コメントは受け付けていません。