builderscon 2018に登壇します

builderscon 2018に登壇します

今年もCfPを採択いただき、buildersconへ行けることになりました。前回はメインホールをもらいながらも、とても悔しい思いをしたのを覚えている。

今回僕はコンテナ起動の高速化、ボトルネックの解消に絞った話をする予定です。

話し手の所属するGMOペパボではロリポップ!マネージドクラウドというコンテナホスティングサービスを提供しており、1台のサーバに数千のコンテナを起動します。

コンテナはプロセスであるという認識は一般的になりつつありますが、コンテナプロセスを起動するにはネームスペースの作成や、マウントなどいくつもの処理が行われてプロセスを起動する必要があり、通常のプロセス起動と違う箇所にボトルネックが現れます。またコンテナ技術はLinuxのカーネルレイヤに近い領域で実装されているためそのボトルネックの解消には深いLinuxに対する理解が必要です。

本セッションにおいては話し手が1台のサーバで数千のコンテナを起動する際に直面したボトルネック、その調査方法、そして解決する方法を共有したいと思います。

昨今k8sの台頭により、あらゆるサービスでコンテナ技術が利用されつつありますが、コンテナ技術の深い理解は、今後のエンジニアのあらゆる開発において有用な知識となるはずです。ぜひ本セッションに足を運んでいただき、一歩進んだコンテナ利用をしていきましょう。

今後、コンテナの利用がさらに加速することは自明なので、ぜひ僕のセッションを聞きに慶応キャンパスへお越しください。

個人的には奥一穂さんにお会いしたことがないのと、興味深いセッションなので楽しみにしています。

コメントは受け付けていません。