SSHのログイン先でも最適化されたvimが使いたい

投稿日:

サーバでオペレーションするときに、ちょっとトラブルシュートしたりするくらいならよいのですが、定期的にログインして作業するサーバがそれなりにあって、その生産性があまり無視できなくなったのでSTNSにstns-setupという機能を設けました。

STNS導入済みのクライアントでstns-setupコマンドを実行すると、事前に定義しておいたコマンドを実行することが出来ます。

$ stns-setup

アトリビュートはこんな感じです。

[users.example]
id = 1000
name = "example"
setup_commands = [
  "git clone https://github.com/pyama86/dotfiles.git /home/example/dotfiles",
  "/bin/sh /home/example/dotfiles/setup.sh"
]

もうアトリビュートを見るだけで何が出来るかお分かりですね?次にみなさんが求める記事を紹介します。

この機能を使えば自分のvimrctmux.confをログイン先のサーバでも簡単にセットアップすることが出来るので、使えたらラッキーくらいな感じで登録しておくと良いのではないでしょうか?

サーバ、クライアントともに0.3-3から利用可能で、エンドポイントは/v3を利用してください。不明な点やバグ等あれば@pyama86まで!