cache-stnsdでオリジンサーバがダウンしてるときはキャシュで応答できるようにした

先日リリースしたcache-stnsdを利用していれば、オリジンサーバがダウンしている場合はキャッシュから応答するようにしました。

課題感としては僕が所属しているペパボにおいて、クライアントサーバのNW系のトラブルなどでSTNSサーバに接続できない場合に、調査しようとしてSSHログインしようとするのだが、そもそもSTNSに接続できないので名前解決ができずにSSHログイン出来ないという問題がありました。それらを解決するためにSTNSサーバに接続できない場合は、キャッシュから応答出来るようなパッチを入れたので、ぜひcache-stnsdをご活用ください。cache-stnsdの利用はcache-stnsdをインストールして、 /etc/stns/client/stns.confuse_cached = true と記述すれば有効になります。

お盆休み明けに是非お試し下さい!!1