STNSに組織体系を管理するLinkGroup機能を追加しi386に対応しました

STNSとは

SSH公開鍵ログイン時の時の公開鍵の取得及びLinux上のユーザー、グループの名前解決を行う仕組みです。
設定ファイルにTomlを用いており、下記のワークフローでユーザー管理ができるようになります。

1.Pullリクエスト
2.レビュー
3.デプロイ

更新内容一覧

  • LinkGroup機能で部署体系を表現可能になった
  • i386に対応
  • Go 1.6対応
  • APIレスポンス修正
  • バグフィックス

LinkGroup機能で部署体系を表現可能になった

グループを定義する際に、グループに所属するユーザーをリンク可能となったことで、部署表現が可能となりました。

[groups.department]
id = 2000
users = ["example1"]
link_groups = ["division"]

[groups.division]
id = 2001
users = ["example2","example3"]

このような定義を行った時に、departmentにはexample1-3が所属し、divisionにはexample2-3が所属するというような表現出来ます。


$ id example1 uid=1001(example1) gid=2000(department) groups=2000(department) $ id example2 uid=1002(example2) gid=2001(division) groups=2001(division),2000(department)

APIレスポンス修正

これまではユーザーとグループのレスポンスが同じ形式でしたが、そのレスポンス形式を必要な情報のみ記載する形式としました。

  • before

$ /usr/local/bin/stns-query-wrapper /user/name/pyama { "pyama": { "id": 1001, "group_id": 1001, "directory": "/home/pyama", "shell": "/bin/bash", "gecos": "", "users": [""], ←グループでのみ使用する項目のため削除 "keys": [ "ssh-rsa xxxx" ] } }
  • after

/usr/local/bin/stns-query-wrapper /user/name/example1 { "example1": { "id": 1001, "group_id": 2000, "directory": "", "shell": "", "gecos": "", "keys": null, "link_users": null } }

バグフィックス

  • link_usersを利用した際に、リンク先のユーザーが存在しない場合に応答出来ない不具合を修正
  • stns-key-wrapperでchan_ssh_wrapperを利用した際に、正常に公開鍵を取得できない不具合を修正

まとめ

今回のバージョンアップで細かいバグも修正されているので是非バージョンアップして、最新版をご利用いただければと存じます。
インストール方法はGitHubのREADMEに記載しております。

Comments are closed.